【2020年12月上旬】Sharezトレーナースクール 無料説明会(オンライン開催)

デッドリフトは腹筋にも効果ある?【仕組みを理解しておこう】

デッドリフトは腹筋にも効果ある?【仕組みを理解しておこう】

デッドリフトの腹筋効果を調べてる方

デッドリフトって腹筋にも効くの?

こんな疑問にお答えします。

今回は、以下の内容を解説していきたいと思います。

  • デッドリフトとは?
  • デッドリフトは腹筋に効くのか?

私は、渋谷のパーソナルトレーニングジム「Shibuya Fitness Sharez」を2015年から運営しており、近年はパーソナルトレーナー養成スクール「Sharezスクール」の運営と講師も勤めています。

デッドリフトは、下半身や背中を鍛える種目として知られていますが、実は腹筋にも効果があることをご存知でしたでしょうか。

今回は、デッドリフトの概要と、デッドリフトの腹筋への効果について紹介していきたいと思います。

デッドリフトとは?


デッドリフトは、筋トレBIG3と呼ばれる「効率良く全身を鍛えられる定番トレーニング3種」のうちの1つです。
※BIG3は、「ベンチプレス」、「スクワット」、「デッドリフト」の3つです。

デッドリフトで鍛えられる筋肉としては、「大腿四頭筋、ハムストリングス」などの下半身と、「僧帽筋、広背筋、脊柱起立筋」などの背中周りがあります。

主に下半身を使う運動ですが、正しいフォームで行えば全身の筋肉を鍛えることができます。

デッドリフトは腹筋に効くのか?

腹直筋、腹斜筋、腹横筋

結論からお伝えすると、デッドリフトは腹筋群にも効果があり、「腹直筋、腹斜筋、腹横筋」に刺激を入れることができます。

デッドリフトをやられている方はイメージしやすいかと思いますが、デッドリフトは体幹部を固定して取り組む種目です。

体幹部を固定するためには、背中の筋肉と腹部の筋肉を両方収縮させる必要があり、これによって腹部にも刺激が入っています。

扱う重さを上げれば上げるほど、腹筋に求められる固定力も高くなり、腹部への刺激を増すことができます。

体幹部を固定力を増すには腹圧も重要

体幹部を固定力を増すには腹圧も重要

より体幹部を固定するためには、腹圧をかける必要があります。
※腹圧とは「腹腔内の圧力」のことです。

お腹に空気を入れることで腹腔内が膨らみ、内から外にかけて力が加わります。

そこに腹横筋を収縮させることで外側から圧力をかけて、内側と外側の両方から力を加わえることで、身体の固定力を高めていきます。

デッドリフトの動作中の呼吸は、立った状態で息を吸い、腹横筋を締めて固定し、腹圧を高めた状態で息を止めて動作を行い、起き上がったタイミングで息を吐きます。

デッドリフトで高重量を扱う場合に、腹圧を高めるためにリフティングベルト(パワーベルト)を使う方が多いです。

より腹筋を使うことを考慮すると、リフティングベルト(パワーベルト)を使わずに、自身で体幹部を固定して行った方が効果的です。

まとめ

デッドリフトは、下半身や背中の筋肉に加えて、腹筋まで鍛えることができる、効率の良いトレーニング種目です。

高重量を扱うことで腹筋への負荷も高まるので、トレーニングのモチベーションと合わせて、効果的に腹筋も鍛えていきましょう。

今回のテーマや、その他のトレーニング方法などに関して、ご質問や疑問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

以下のボタンから「LINE友だち追加」をしていただくと、LINEでのお問い合わせが可能になります。

友だち追加