【2020年9月上旬】Sharezトレーナースクール 無料説明会(オンライン開催)

ストレッチポールを使った腹筋トレーニング【お腹の引き締めと体幹強化】

ストレッチポールを使った腹筋トレーニング【お腹の引き締めと体幹強化】

ストレッチポールの腹筋トレーニングを調べてる方

ストレッチポールで腹筋を鍛えられるの? ストレッチポールを使った腹筋トレーニング種目を知りたい!

こんな疑問にお答えします。

今回は、以下の内容を解説していきたいと思います。

  • ストレッチポールで腹筋を鍛えるメリット
  • ストレッチポールを使った腹筋トレーニング種目

私は、渋谷のパーソナルトレーニングジム「Shibuya Fitness Sharez」を2015年から運営しており、近年はパーソナルトレーナー養成スクール「Sharezスクール」の運営と講師も勤めています。

ストレッチポールの転がりを利用すると、通常のトレーニングよりも不安定な状態を作れ、トレーニングの難易度をアップすることができます。

今回は「お腹周りを引き締めたい方」向けに、ストレッチポールを使うメリットや、ストレッチポールを使った腹筋トレーニング種目を紹介していきます。

ストレッチポールで腹筋を鍛えるメリット

※画像をクリックするとAmazon商品ページへ飛びます。

ストレッチポールは、ストレッチなどのコンディショニングのアイテムとして使われていますが、トレーニング用品としても使うことができます。

ストレッチポールの転がりを活かして不安定な状態を作ることで、バランスを保つための負荷を加えることができます。

腹筋群の「腹斜筋や腹横筋」は、バランスを取る際に働く筋肉なので、通常の腹筋を行うよりもこれらの筋肉が使われやすくなります。

また、ストレッチポールに脚をのせて高さを出すことで、体幹トレーニングの強度を上げることもできます。

ストレッチポールを使った腹筋トレーニング種目

ストレッチポールを使った腹筋トレーニング種目

それでは、ストレッチポールを使った腹筋トレーニング種目を3つ紹介していきます。
※バランスが崩れても、手足をつくことができるスペースを確保して行いましょう。

  • シットアップ
  • ジャックナイフ
  • 変則プランク

シットアップ

ストレッチポールの上でシットアップをする種目です。

腹直筋を鍛える通常のシットアップ動作に加えて、横に落ちてしまわないように左右のバランスを取りながら行うことで、腹斜筋や腹横筋も鍛えることができます。


ポイント
骨盤を後傾した状態で行いましょう(腰を丸めるイメージ)。

骨盤を後傾させながら身体を起こすことで、腹直筋や腹斜筋が収縮しやすくなり、刺激が入りやすくなります。

ジャックナイフ

床に手をつき、スネをストレッチポールにのせた姿勢で、お尻を上げ下げして腹直筋や腹斜筋を鍛えていきます。


ポイント
お尻を持ち上げるときに、背中を丸めて、腹筋群を収縮するイメージで行いましょう。

お尻を上げるだけですと、股関節の屈曲動作になってしまい、腹筋群がうまく使われません。

背中を丸めながらお尻を持ち上げて、腹直筋や腹斜筋を収縮していきましょう。

変則プランク

ストレッチポールに足首をのせてプランクを行い、肩関節を伸ばす動きや、脚の動きを加えることで、腹筋全体を高負荷に鍛えていきます。

左右にブレないように腹斜筋が働き、姿勢を保持するために腹横筋が働いています。


ポイント
お尻の高さは変えないようにしましょう。

体幹部が反ってお尻が低くなったりしないように、お尻の高さをキープすることで、腹直筋や腹斜筋にしっかりと効かせることができます。

まとめ

ストレッチポールを使うと不安定な状態を作れるので、通常のトレーニングよりも難易度をアップすることができたり、体幹を鍛えることもできます。

自重トレーニングの負荷に慣れてしまった方は、ぜひトレーニングの次のステップとして取り入れてみてください。

今回のテーマや、その他のトレーニング方法などに関して、ご質問や疑問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

以下のボタンから「LINE友だち追加」をしていただくと、LINEでのお問い合わせが可能になります。

友だち追加