【2020年9月上旬】Sharezトレーナースクール 無料説明会(オンライン開催)

オフィスでできる腹筋トレーニング【仕事のすきま時間を活用しよう】

オフィスでできる腹筋トレーニング【仕事のすきま時間を有効活用】

オフィスでできる筋トレを探してる方

オフィスでできる腹筋トレーニングってある? 休憩時間とかにサクッとできる腹筋のやり方を知りたい!

こんな疑問にお答えします。

今回は、以下の内容を解説していきたいと思います。

  • オフィスでできる腹筋トレーニング

私は、渋谷のパーソナルトレーニングジム「Shibuya Fitness Sharez」を2015年から運営しており、近年はパーソナルトレーナー養成スクール「Sharezスクール」の運営と講師も勤めています。

お腹の引き締めを目指して、オフィスでもこっそり腹筋トレーニングをしていきましょう!

今回は、仕事の休憩時間などに取り組める腹筋トレーニングを紹介していきます。

オフィスでできる腹筋トレーニング

オフィスで簡単にできる、「イスに座って行う腹筋トレーニング」や「立った状態で行う腹筋トレーニング」を紹介していきます。

脚上げキープ

イスに座った状態で、脚を上げを保つことで腹筋を収縮していきます。

腹筋と、脚の付け根の「腸腰筋」も使う種目です。


ポイント
持ち上げた脚は、できるだけリラックスしましょう。

脚が力んでしまうと、太ももの前の大腿直筋などを使い過ぎてしまいます。

脚はできるだけリラックスし、腹筋群を使うようにしましょう。

ニートゥチェスト

イスに座った状態で、ひざを胸に近づける動きで腹筋を鍛えていきます。

余裕のある方は、背中をイスに持たれないようにして行うと強度を高めることができます。


ポイント
骨盤を後傾させ(腰を丸めるイメージ)、背中を丸めて行うと、腹直筋や腹斜筋が収縮しやすくなります。

また、膝の曲げ伸ばしはできるだけ行わずに、脚の付け根から動かすことを意識しましょう。

ニートゥエルボー

イスに座った状態で、身体をひねり、膝と肘を近づける動きで腹直筋や腹斜筋を鍛えていきます。


ポイント
肘と膝を近づけるときに、しっかり背中を丸めるようにしましょう。

身体をひねりと背中の丸めることで、腹直筋や腹斜筋を収縮することができます。

立ったままツイスト

立った状態で身体をひねる腹筋トレーニングです。


ポイント
肘と膝を近づけたときに、一度止まるイメージで行いましょう。

バランスを取ろうとして、すぐに足を地面につきたくなってしまいますが、肘と膝を近づけた状態でキープしているときに腹筋を使っているので、その時間をしっかり確保しましょう。

立ったまま骨盤運動

立った状態で骨盤を動かすことで、腹筋を鍛えるトレーニングです。


ポイント
腹筋群は、肋骨から骨盤まで付着しています。

上半身を動かすときは骨盤を固定することで腹筋群を収縮することができ、反対に、骨盤を動かすときは上半身を固定することで腹筋群を収縮することができます。

「上半身と骨盤のどちらかを固定することで腹筋群が収縮する」ということを意識して実施してみましょう。

まとめ

「忙しくてなかなかジムにいけない…」という方は、仕事の休憩時間にぜひ腹筋トレーニングを取り入れてみてください。

トレーニングのポイントを抑えて、隙間時間にしっかりと腹筋を引き締めていきましょう。

今回のテーマや、その他のトレーニング方法などに関して、ご質問や疑問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

以下のボタンから「LINE友だち追加」をしていただくと、LINEでのお問い合わせが可能になります。

友だち追加