【2020年9月上旬】Sharezトレーナースクール 無料説明会(オンライン開催)

腕橈骨筋を鍛える筋トレ種目【前腕を太くしてカッコいい腕づくり】

腕橈骨筋を鍛える筋トレ種目【前腕を太くしてカッコいい腕づくり】

前腕を鍛えたい方

腕橈骨筋ってどこの筋肉? 腕橈骨筋を鍛えるメリットってある? 腕橈骨筋の筋トレ種目を知りたい!

こんな疑問にお答えします。

今回は、以下の内容を解説していきたいと思います。

  • 腕橈骨筋とは?
  • 腕橈骨筋を鍛えるメリット
  • 腕橈骨筋を鍛える筋トレ種目

私は、渋谷のパーソナルトレーニングジム「Shibuya Fitness Sharez」を2015年から運営しており、近年はパーソナルトレーナー養成スクール「Sharezスクール」の運営と講師も勤めています。

「腕橈骨筋」は、腕に力を入れて肘を曲げるとモコっと出てくる部分の筋肉です。たくましい腕を目指している方は、ぜひ腕橈骨筋の筋トレを取り入れていきましょう。

今回は、腕橈骨筋の概要や鍛えるメリット、筋トレ種目について解説していきたいと思います。

腕橈骨筋とは?

腕橈骨筋

腕橈骨筋とは、前腕部分に位置する筋肉で、前腕の橈骨という骨に付いています。

前腕の大部分を占めており、「前腕を太くするためは腕橈骨筋を鍛えよう」とも言われています。

腕橈骨筋は、上腕骨から橈骨(前腕の親指側の骨)にかけて付着しているので、収縮すると、肘が曲がり、上腕骨と親指側の橈骨を近づける動作に関与します。以下の動作は、他の筋肉と共同して働きます。

  • 肘を曲げる動作:上腕二頭筋、上腕筋と共同して働く
  • 前腕の回旋動作(前腕を内側に回す、外側に回す):上腕二頭筋の一部と共同して働く

腕相撲など肘を曲げて力を入れる動作では重要な筋肉です。また、ものを持ちあげたり、ランニングなどで腕を振る際の肘を固定する場面でも役立ちます。

腕橈骨筋を鍛えるメリット

腕橈骨筋を鍛えるメリットとしては、以下が挙げられます。

  • 重いものを持ち上げられる
  • 掴んで引きつける力が強くなる
  • 腕の見た目がカッコよくなる
  • 他の部位のトレーニングの質が高まる/li>

重いものを持ち上げられる

腕橈骨筋は、肘を曲げる動作に非常に大きな役割を果たしています。

重い荷物を持ったり、重いものを前や上により高く遠くに投げられるようになります。

掴んで引きつける力が強くなる

肘を曲げる動作は、掴んで引きつける力にも関係してきます。

例えば、柔道やレスリングなどのコンタクトスポーツで、より素早く相手を引きつけられるようになるので、パフォーマンスアップに繋がります。

腕の見た目がカッコよくなる

腕橈骨筋は、肥大しやすい筋肉なので、鍛えることで前腕のフォルムをしっかりと作ることができ、腕の見た目がたくましくなります。

男性の方は、半袖を着用する季節までに鍛えておきたい部位の一つです。

他の部位のトレーニングの質が高まる

腕橈骨筋を鍛えることで、肘を曲げる動きのあるエクササイズの質を高める効果があります。

肘を曲げる動作が含まれる「上腕二頭筋や上腕三頭筋などの筋トレ」は、腕橈骨筋を鍛えておくことで安定した動作でトレーニングでき、ターゲットの部分を使いやすくなります。

腕橈骨筋を鍛える筋トレ種目

腕橈骨筋を鍛えるための筋トレ種目を紹介していきます。

負荷は、ダンベル、バーベル、チューブ、ケーブルなど、ご自身が使いやすいものを選択してみてください。

アームカール

アームカールは、腕橈骨筋と上腕二頭筋をセットで鍛えることができる種目です。

アームカールは、逆手で負荷を持ち、片腕ずつ動かす、もしくは両腕同時に動かします。


ポイント
アームカールのポイントとしては、「肘の屈曲面を常に正面に向けておくこと」と「肘を固定しておくこと」の2点です。

肘を固定するには、脇を締めて、背中や肩にも力を入れなければなりません。

[補足]チューブを使用する場合は、肘を伸ばしたスタート時点でしっかりチューブの張りを感じる位置でセットしましょう。

ハンマーカール

ハンマーカールも、片腕ずつ動かす、もしくは両腕同時に動かす形で行います。


ポイント
ハンマーカールのポイントは、「親指を上に向けた状態を保つこと」です。

親指を上に向けることで、前腕の回内動作が行われ、それだけでも腕橈骨筋が関与するからです。

この状態を崩さず、アームカール同様、肘を固定して行いましょう。

コンセントレーションカール

コンセントレーションカールは、ダンベルで行うトレーニング種目です。


ポイント
コンセントレーションカールのポイントは、「太ももの内側で肘を固定すること」です。

肘の位置が動いてしまうと、腕橈骨筋への負荷が分散してしまうので、肘を固定し、毎回同じ刺激が行くように気をつけましょう。

リバースグリップカール

リバースグリップなので、順手で負荷を持って行うトレーニングです。


ポイント
リバースグリップカールのポイントは、「手の甲を天井に向けたまま行うこと」です。

そうするとこで、前腕の回内動作が行われ、それだけでも腕橈骨筋を使うことができます。

順手にすると、逆手の時よりもグリップを高く上げられなくなりますが、それで問題ないので、上げられる位置まででOKです。

まとめ

腕橈骨筋は、前腕の大部分を占めている筋肉で、腕の見た目のカッコ良さを作る筋肉なので、上腕部とセットで鍛えていくことをオススメします。

また、ものを持ち上げる力が強くなったり、他の部位のトレーニングの質を高める効果もありますので、ぜひトレーニングして鍛えておきましょう。

今回のテーマや、その他のトレーニング方法などに関して、ご質問や疑問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

以下のボタンから「LINE友だち追加」をしていただくと、LINEでのお問い合わせが可能になります。

友だち追加