【2020年12月上旬】Sharezトレーナースクール 無料説明会(オンライン開催)

NESTA資格に関する情報まとめ【メリット、費用、オススメの学習法を解説】

NESTA資格に関する情報まとめ【メリット、費用、オススメの学習法を解説】

パーソナルトレーナーの資格を取ろうとお考えの方

パーソナルトレーナーの資格で「NSCA」以外にも「NESTA」が有名って聞いたけど、どんな資格なんだろう? 取得するメリットってある? NESTA取得の流れや値段はどれくらい? できたら資格取得の攻略法を知りたい!

こんな疑問にお答えします。

今回は、トレーナー資格「NESTA」について、以下を解説していきたいと思います。

  • NESTAとは?
  • NESTA-PFT資格を取得するメリット
  • NESTA-PFT資格の試験内容
  • NESTA-PFT資格取得の費用
  • NESTA-PFT資格の受験までの流れ
  • NESTA-PFT資格学習の目安期間とオススメ学習法

私は、渋谷のパーソナルトレーニングジム「Shibuya Fitness Sharez」を2015年から運営しており、NESTAの資格に関わらず、色々なトレーナーの資格を取得している知人が多くいます。

私自身も多くの資格を取得しており、それらの経験や知人の情報を元に、NESTAについて解説していきたいと思います。

NESTAとは?

NESTAとは?

NESTAは、1992年に設立されたアメリカのトレーナー資格団体であり、現在、世界20ヶ国、約50,000人の会員がいる権威ある資格団体です。
※NESTAは「National Exercise Sports Trainer’s Association」の略称です。

アメリカでは、認知度、信頼度ともに高く、数多くのフィットネスクラブで、NESTA監修の運動プログラムが導入されています。

アメリカのフィットネス業界で有名な方がNESTAの代表であり、NESTA監修のプログラム、資格取得者のサービスの評判が良いので、どんどん認知度が広まっていきました。

NESTAは、パーソナルトレーナー資格以外にも数多くのフィットネス関連の資格を発行しているのが特徴です。パーソナルトレーナー資格としては、「NESTA-PFT」という資格を発行しています。
※PFTは、「Personal Fitness Trainer」の略称です。

「NESTA-PFT」は、日本では2007年にスタートし、徐々に認知度を高めています。

NESTA-PFT

「NESTA-PFT」では、以下の2つのフィットネスの専門知識だけでなく、

  • 人の体に関する幅広い知識
  • トレーニング全般に関する偏りない知識

以下の2つのビジネス的な視点も加わった、4つの柱を掲げています。

  • 様々なクライアントとのコミュニケーション対応力
  • 自分を売り込み顧客を得る為のビジネススキル

これは、「パーソナルトレーナーとしての専門知識だけでなく、クライアントを獲得でき、ビジネスとしてパーソナルトレーニングを提供できる人材を増やす」という目的です。

具体的には、以下の内容などが盛り込まれています。

NESTA-PFTの内容
  • 解剖学
  • 生理学
  • 栄養学
  • バイオメカニクス
  • トレーニング理論
  • コミュニケーション>
  • ビジネススキル

NESTA-PFT資格を取得するメリット

NESTA-PFT資格を取得するメリット

「NESTA-PFT」の資格を取得すると、身体や動き、トレーニング理論、スポーツパフォーマンスに関わる専門知識が身につくので、パーソナルトレーナーや、ジムトレーナー、フィットネスインストラクターとして働く上で、必要な知識として活かす事ができます。

例えば、「ダイエット指導や、マシンの使い方の指導、トレーニングメニューを提案する」などの場面で、的確なアドバイスができるようになります。

また、NESTA-PFTの資格を取得していると、フィットネスクラブやパーソナルトレーニングジム、フィットネススタジオ、スポーツ指導の場などで信用の指標になり、資格を取得していることで契約がしやすくなります。

NESTA-PFT資格の試験内容

NESTA-PFT資格の試験内容

「NESTA-PFT」の資格受講方法には、以下の3つのコースがあり、受験者のレベルや環境に合わせて選択できるようになっています。

  • ダイレクトコース:NESTA-PFT認定試験を受験するコース
  • ゼミコース:NESTAの開催する養成講座を受講して、修了後にNESTA-PFT認定試験を受験するコース
  • Webコース:通信教育方式にて学習して、全章修了後にNESTA-PFT認定試験を受験するコース

「既に別のトレーナー資格を取得している、体育系の大学や専門学校で学んでいる」など、専門知識をお持ちの方は、「ダイレクトコース」で、試験のみ受験が可能です。

「全く未経験で、勉強もこれからする」という方は、「ゼミコース」で講義を受けながら知識を身につけていくのがオススメです。時間や場所の都合で講義に足を運べないという方向けに「Webコース」もあります。

試験日数と試験問題数

「NESTA-PFT」の認定試験は2日間で行われ、事前講習と資格試験がそれぞれ1日ずつです。Webコースの受講でも、試験は指定の会場で受けます。

上記3つのどのコースを受講しても、1日目事前講習、2日目資格試験、というスケジュールです。
※ダイレクトコースのみ、1日目の事前講習の受講が任意となります。

1日目の事前講習は8時間あり、試験対策などの講義があります。2日目の試験は、120分で125問(4択の選択式)で、80%の正解率で合格です。

会場は、東京、名古屋、大阪です。各エリアで、1〜2ヶ月に1回程のペースで開催されています。

事前講習があるトレーナー資格は、NESTA-PFTだけです。事前講習を必須にすることで、しっかり知識を身につけた資格保有者を育成すると共に、資格試験受験者をサポートし、合格者を増やす目的があります。

試験のスケジュールや試験会場の情報は、NESTAの公式HPをご確認ください。
NESTAの公式HP

例題紹介

「NESTA-PFT」の試験問題のイメージができるように、例題を2問ほど紹介します。

「NESTA-PFT」では、実際にトレーナーとして活動することをイメージした内容を盛り込んでいる点が特徴なので、試験の問題にもコミュニケーションや、ビジネスなどの内容が含まれています。

例題1:新しいクライアントが、ボディビルに必要な筋肉を鍛えたいと言っていますが、トレーナーはシェイプアップが専門で、ボディビルを教えるのは困難だと考えています。トレーナーはどうするべきでしょうか?
  • A.クライアントを自身が引き受ける
  • B.別のボディビル専門のトレーナーを紹介する
  • C.クライアントにシェイプアップのトレーニングを提案する
  • D.クライアントの依頼を断る
例題2:次のうち、ジム内における鏡の設置について適切な組み合わせはどれですか?
  • A.1と3
  • B.1と4
  • C.2と3
  • D.2と4

1.トレーニング機器から15cm離す
2.トレーニング機器から51cm離す
3.床から15cm離す
4.床から51cm離す

みなさん、分かりましたでしょうか?

「なんとなくこれ?」という感じではなく、理由まで答えられるようにしておくと良いと思います!

それでは、回答を確認してみましょう。

例題1の回答
  • 回答:B
  • 解説:初回の面談では、クライアントとトレーナーの適合性を確認します。クライアントの希望に添えない場合は、無理に契約せず、ニーズとマッチするトレーナーを紹介する、説明した上で無理に契約を進めてはいけません。
例題2の回答
  • 回答:B
  • 解説:鏡とトレーニング機器を15cm、床から51cm離す事を基準としています。ウエイトが転がってもぶつかって鏡が割れないように高さが必要だからです。

NESTA-PFT資格取得の費用

NESTA-PFT資格取得の費用

NESTA-PFTの資格を取得する為には、以下の費用がかかります。

  • テキスト代
  • ゼミコース受講料 or Webコース受講料(ダイレクトコース以外)
  • 認定試験受験料
  • 受験・資格登録手数料

3つのコース、それぞれの費用について紹介していきます。

ダイレクトコース

合計72,500円(テキスト代:13,600円、事前講習費:15,000円、認定試験受験料:7,500円、受験・資格登録手数料:36,400円)

ダイレクトコース

ダイレクトコースの中にも、ゼミが4日ある「ロングゼミコース」と、ゼミが2日の「ショートゼミコース」があります。ロングゼミコースは基礎から学びたい方向け、ショートゼミコースは運動生理学・機能解剖学・生体力学などの基礎を学んでいる方向けです。

<ロングゼミコース>
合計168,500円(テキスト代:13,600円、ゼミコース受講料:96,000円、事前講習費:15,000円、認定試験受験料:7,500円、受験・資格登録手数料:36,400円)

<ショートゼミコース>
合計120,500円(テキスト代:13,600円、ゼミコース受講料:48,000円、事前講習費:15,000円、認定試験受験料:7,500円、受験・資格登録手数料:36,400円)

Webコース

合計107,500円(テキスト代13,600円、Webコース受講料35,000円、事前講習費15,000円、認定試験受験料:7,500円、受験・資格登録手数料:36,400円)

NESTA-PFT資格の受験までの流れ

NESTA-PFT資格の受験までの流れ

NESTA-PFTの資格の受験までの流れは以下です。

  1. NESTA-PFTの資格取得の条件を確認
  2. NESTA-PFTの受験手続き(自動で協会に登録されます)

順番に説明していきます。

NESTA-PFTの資格取得の条件を確認

まずは、ご自身がNESTA-PFTの資格を取得できるのか、資格取得条件を確認しましょう。

NESTA-PFTの資格取得条件
  • 18歳、高校卒業以上
  • 1年以上のフィットネス実務経験、もしくは体育系、医療系の大学、専門学校の卒業
  • NESTA-PFTのテキストを購入済みである(テキスト購入は必須です)
となっています。実務経験の定義は特に記載されていないので、トレーナー経験が必須という意味ではありません。実際に、トレーナー経験がない方で取得されている方もいらっしゃいます。

NESTA-PFTのテキスト購入はコチラから。
NESTAの公式HPの「NESTA PFT テキストのご紹介」ページ

NESTA-PFTの受験手続き(自動で協会に登録されます)

NESTA公式Webサイトにアクセスし、「資格受験コースを選択 → 受験場所、試験日時を選択 → 個人情報入力 → テキスト配送先選択 → カード決済or銀行振込を選択 → アンケート記入 → 手続き完了」という流れです。

試験申し込み完了で、自動的にNESTAに協会登録されます。

受験の申し込み詳細は、NESTA公式サイトの「NESTA PFT認定 取得までの流れ」ページで確認できます。
NESTA公式サイトの「NESTA PFT認定 取得までの流れページ

NESTA-PFT資格学習の目安期間とオススメ学習法

NESTA-PFT資格学習の目安期間とオススメ学習法

NESTA-PFTの「資格学習の目安期間」と、「オススメの勉強方法」、「試験当日の対策」について、紹介したいと思います。

学習の目安期間

1ヶ月〜3ヶ月の学習期間で取得できます。全く専門知識のない方でも、3ヶ月あれば取得可能です。

「NESTA」と同じく有名なトレーナー資格団体で、「NSCA」という資格団体がありますが、この「NSCA」のテキストのページ数は800ページですが、「NESTA-PFT」のは220ページしかないのです。

実際に、格闘技のジムでトレーナーをしている方から、「パーソナルトレーナーの資格を取得したい」と相談を受けて、「NESTA-PFT」のトレーナー資格をオススメしたところ、その方は3ヶ月で資格取得していました。

※「NSCA」の資格については、こちらの記事にまとめました。
NSCA資格に関する情報まとめ【メリット、費用、オススメの学習法を解説】

オススメの勉強方法

オススメの勉強方法は、問題集とテキストを購入し、「問題集を先に解いてみて、分からなところをテキストで読み進める方法」です。

間違ってもテキストから読み始めてはいけません。特に全く専門知識のない方は頭に入ってこないと思います。

資格試験の問題には癖があり、それは問題集を解いていくとイメージがつきます。一般的な身体やトレーニングに関する質問とは、少しニュアンスが違うので、問題集で出題傾向のイメージを先に掴む方が頭に入りやすいです。

NESTA-PFTの問題集購入はコチラから。
NESTAの公式HPの「NESTA PFT 問題集のご紹介」ページ

NESTA-PFTのテキスト購入はコチラから。
NESTAの公式HPの「NESTA PFT テキストのご紹介」ページ

試験当日の対策

試験前日の事前講習が試験対策のような内容になっているので、必ず受講し、内容を理解しましょう。

そして、試験当日は、「わからないものは飛ばして、わかるものから解いていき、全ての問題をやり切る」という解き方をオススメします。

125問を120分で回答する訳ですが、受験者の感想を聞くと、「わからないものに時間をかけ過ぎると最後に焦ってしまう」という意見がありました。

解けない問題に時間を費やし、後半の解ける問題にたどり着けない、時間を割けないのは非常にもったいないので、わかるものから進めていきましょう。

試験の合格ラインは、正解率80%と言われています。時間をうまく使い、試験合格を目指しましょう。

まとめ

「NESTA-PFT」は、「NSCA」に次いで日本でメジャーな資格であり、信頼のできるパーソナルトレーナーとして認知してもらうためにも、取得しておくと良いでしょう。

「専門知識の取得だけでなく、クライアントを獲得でき、ビジネスとしてパーソナルトレーニングを提供できる人材を増やす」ことを目的としている資格なので、パーソナルトレーナーとして活動する上で、とても価値のある資格です。

NESTA-PFTの資格取得や学習方法について、質問&疑問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

以下のボタンから「LINE友だち追加」をしていただくと、LINEでのお問い合わせが可能になります。

友だち追加

関連記事
NSCA資格に関する情報まとめ【メリット、費用、オススメの学習法を解説】