【2020年6月上旬】Sharezトレーナースクール 無料説明会 開催

パーソナルトレーナーの年収はどれくらい?【稼げる方の共通点も紹介】

パーソナルトレーナーの年収はどれくらい?【稼げる方の共通点も紹介】

トレーナーに興味がある方

パーソナルトレーナーの方の年収っていくらくらいなの?、パーソナルトレーナーという仕事はまだ新しい職業だけど、ちゃんと稼げるのかな?、どんな人が稼げてるんだろう?

こんな疑問にお答えします。

今回は、気になるパーソナルトレーナーの年収について、以下を解説していきたいと思います。

  • パーソナルトレーナーの年収(3つの働き方別)
  • 人気パーソナルトレーナー、ジムの共通点

私は、渋谷のパーソナルトレーニングジム「Shibuya Fitness Sharez」を2015年から運営しており、売上を大きく伸ばして新規にジムを立ち上げる方など、多くのパーソナルトレーナーの方々に関わってきました。

今回は、それらの経験から得た情報を元に、解説していきたいと思います。

パーソナルトレーナーの年収(3つの働き方別)

パーソナルトレーナーの年収(3つの働き方別)

以前、マツコ会議という番組で「人気パーソナルトレーナーは年収3000万円くらい?」といった数字が出ていました。

また、クロスフィットトレーナーのAYAさんなどもよくメディアに出ていますが、AYAさんの場合は、パーソナルトレーナー以外にも、「ジム経営、イベント出演、モデル、商品プロデュース、出版」など、複数の仕事を行なっているので、年収でいうと数千万に達していると考えられます。

では、一般のパーソナルトレーナーはどれくらいの年収なのでしょうか?

実はパーソナルトレーナーの働き方は大きく下記の3つに分けられ、それらによって、見込める年収が変わってきます。

  • 社員トレーナー
  • フリーランストレーナー
  • トレーナー兼パーソナルジム経営

社員トレーナーの年収

パーソナルトレーニングジム、フィットネスクラブの社員として働くケースで、給与体系は、「固定給制」か「固定給+インセンティブ制」の2パターンです。

「固定給制」の場合は、月収20〜25万円ですので、年収ベースで250〜300万円くらいになります。スタートとしては、一般職の年収と同じくらい、上場企業や大手企業の年収よりは低い水準です。

「固定給+インセンティブ制」の場合は、固定給16〜20万/月にインセンティブがプラスされる形が多いようです。インセンティブとは、セッション数や売上に対して付与されるもので、1セッション800〜2,000円程度まで幅があります。

具体的には、

  • 固定給:18万円
  • インセンティブ:1セッション800円の付与
  • セッション数:1日4本
  • 月の勤務数:20日勤務

上記とした場合の月収は、
18万円 + (800円/本 × 4本/日 × 20日/月) = 月収24.4万円となります。年収で考えると、およそ年収300万円です。

上記よりも、セッション数や売上がアップして、インセンティブが上がった場合は、下記のように変化します。

  • 固定給:18万円
  • インセンティブ:1セッション1,500円の付与
  • セッション数:1日6本
  • 月の勤務数:20日勤務

上記とした場合の月収は、
18万円 + (1,500円/本 × 6本/日 × 20日/月) = 月収36万円となります。年収で考えると、およそ年収430万円です。

これで、日本の平均年収と同じくらいか、それ以上となります。

フリーランストレーナーの年収

フリーランスとは、個人事業主として、フィットネスクラブやパーソナルトレーニングジムの場所を借りて活動するパーソナルトレーナーの働き方を指します。

フリーランスなので固定給とかではなく、売上から場所代を支払い、残った分が収益となります。

売上は、「セッション単価×セッション数」で計算されるので、集客次第では、社員より遥かに年収は上がります。セッション単価としては、1時間のセッションで、6,000〜15,000円くらいまで幅があります。

※パーソナルトレーナーは月間100本のセッションを行うと、年収が日本の平均年収以上に相当するので、月間100本というのが、フリーランスパーソナルトレーナーの1つの目安とされています。

具体例には、

  • セッション単価:8,000円/本
  • 場所代:売上の30%
  • セッション数:月間120本

上記とした場合、売上は、
8,000円/本 × 120本/月 = 売上96万円となります。

ここから場所代が引かれるので、月収は、
96万円 – 場所代(96万円 × 30%) = 月収67.2万円となります。年収で考えると、およそ年収800万円です。

月間120本をコンスタントにこなすのは、かなり人気パーソナルトレーナーです。人気パーソナルトレーナーになることができれば、これくらい稼げるという事です。

私が運営している「Shibuya Fitness Sharez」では、過去に年収1,000万を超えるパーソナルトレーナーを数名輩出していました。

具体的には、以下の数値でした。

  • Aさん:セッション単価8,000円で、月間200本
  • Bさん:セッション単価13,000円で、月間150本
  • 私自身:セッション単価7,000〜8,000円で、最高月間250本
その他、新卒パーソナルトレーナーでも、人気のあるパーソナルトレーナーは、セッション単価5,000〜6,000円で、月間100〜120本行っています。

トレーナー兼パーソナルジム経営の年収

パーソナルジム経営者のパターンも、フリーランス同様に、集客次第では、社員より遥かに稼ぐ事ができます。

しかし、固定の場所を持ち、家賃などのランニングコストがかかるので、集客ができなかった場合のダメージはフリーランスよりも大きいです。いわゆるハイリスクハイリターンの働き方と言えます。

セッション単価は、フリーランスよりも少し上げて、1セッション10,000〜20,000円のケースがよく見られます。

具体例には、

  • セッション単価:12,000円円/本
  • セッション数:月間100本
  • 家賃などのランニングコスト:30万/月

で運営していた場合、
12,000円/本 × 100本/月 – 30万/月 = 月収90万となります。年収で考えると、およそ年収1,100万円です。

12,000円/本で、毎月100本行うのは、かなりの人気パーソナルトレーニングジムと言えます。実際には毎月本数も異なりますし、広告宣伝費などがかかり、ランニングコストが上がってしまっているジムが多いです。

人気パーソナルトレーナー、ジムの共通点

人気パーソナルトレーナー、ジムの共通点

人気パーソナルトレーナー、ジムになれば、年収1,000万も夢じゃない事はお伝えしてきましたが、どうやったら人気パーソナルトレーナー、ジムになれるのでしょうか?

稼いでいるパーソナルトレーナー、売上の高いパーソナルトレーニングジムには、以下の共通点が見られます。それをここでは紹介していきます。

  • 知識、技術をアップデートしている
  • 情報発信をしている
  • コミュニケーションがうまい
  • 気遣いができる
  • フットワークが軽い
  • 魅力的な人間性
  • マンツーマン指導以外にも事業展開している

知識、技術をアップデートしている

知識、技術のアップデートは最も大切です。

何故なら、お客様はそれぞれ求めるものが異なっているからです。また、一人のお客様でも時間経つにつれて要望が変化してきます。
※例えば、最初はダイエットを目的にトレーニングしていたが、途中から、もっと良いカラダになりたい(ボディメイクをしたい)という目的になったりなど。

パーソナルトレーナーは、それらに対応すべく、知識、技術のアップデートを常に行っていかなければいけません。常にお客様の要望に応えることができると、長く継続して頂けたり、セッション単価を上げても集客できたり、紹介が生まれたりします。

情報発信をしている

情報発信をする事で、以下が将来のお客様に可視化され、興味を持った方が問い合わせしやすくなります。

  • どんな人が通っているか?
  • どんなトレーニングを提供しているのか?
  • そのパーソナルトレーナーの指導を受けて、どんな身体の変化が起きているか?
  • どんな考え方を持っているか?

コミュニケーションがうまい

様々な年齢、職業、立場の方がパーソナルトレーニングを受けているので、それぞれ求めている指導や会話、コミュニケーションは異なります。

「話が噛み合わない、わかりやすく簡潔に伝えられない、笑顔が少ない」となると、お客様は離れてしまいます。

逆に、「話の引き出しが多かったり、相手の話を聞くのがうまかったり、リアクションが豊かだったり、シーンや相手によって表現を使い分けられる」と、お客様がつきやすいです。

よって、コミュニケーションがうまいパーソナルトレーナーの方が人気を獲得しやすいです。

気遣いができる

お客様が快適に通い続けて下さるには、気持ちの良い接客が大切です。お客様を気遣う接客がトレーニングへの集中を高めますし、「頑張ろう!来週も楽しみ!」と思う気持ちを生みます。

相手の行動を先読みして動ける、やってくれたら嬉しい事、助かる事をイメージできている人の気の利いた行動が、お客様から支持されています。

フットワークが軽い

お客様のスケジュールは急に変更になる事もありますし、朝早く、夜遅くに予約を入れたいお客様もいらっしゃいます。

そういった時に臨機応変に対応できるフットワークが大切です。より多くのお客様を対応でき、より多くのセッションに対応できるので、集客に繋がります。

魅力的な人間性

お客様がトレーニングを継続する、あるいは周りの人に紹介する際に、トレーニング指導だけ良ければ良いのでしょうか?

人間的に魅力的かどうかは大きなファクターです。知識、技術だけでなく、人間性も磨いているパーソナルトレーナーの方が、会いたいと思ってもらえますし、紹介したいと思えるので、継続も紹介も起こりやすくなります。

マンツーマン指導以外にも事業展開している

パーソナルトレーナーというと、マンツーマンでトレーニング指導をする仕事をイメージだと思いますが、メディアに出演したり、本を出版したり、商品をプロデュースしたり、オンラインで商品を販売したり、セミナーを行ったり、派生したビジネスを複数やっている方もいます。「パーソナルトレーニング +α」を作る事で、さらに稼ぐことができます。

マンツーマン指導だけでは、対応できるお客様の数にも限界があるので、収入的にも上限が決まってしまいます。新しい事業を立ち上げ、別の収入源を作っていくと、さらに稼げるようになります。

まとめ

パーソナルトレーナーの年収(成功事例)と、人気パーソナルトレーナー、ジムの共通点を紹介してきました。

現状成功している方でも、最初から全てがうまくいっていたわけではありません。地道な努力をし、失敗を乗り越え、コツコツ積み重ね、上記のような共通点、ポイントを抑えてきた結果です。

パーソナルトレーナー自体は、努力次第で誰でもなれますし、誰にでも人気パーソナルトレーナーになって稼ぐチャンスはあります。
パーソナルトレーナーになるには育成スクールが最適?【人気スクールを紹介】

「売上アップに関して相談したい」、「トレーナーになることに関してもっと情報がほしい」などのご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。